ホーム

プログラム概要

21世紀COEプロジェクト

事業の概要・目的・研究プロジェクト

プログラム概要

拠点リーダーメッセージ ダウンロード 産業技術数理コンソーシアム

プログラム概要

21世紀COEプロジェクト 事業の概要・目的・研究プロジェクト

事業の概要と目的

数学は紀元前のユークリッドの時代に始まり、実に数千年におよぶ成果の積み重ねの上に成り立っている学問でありますが、その研究は常に他の学問領域との関わりの中で展開してきました。特に、近年では急速に発達したコンピュータの高度利用による斬新な発想のもとで、かつては予想もつかなかった変容を遂げつつあります。すなわち、自然科学、社会科学あるいは情報科学等の諸分野における研究は、そのほとんどが数学的モデルを基盤としており、それらのモデルを数学理論とコンピュータを用いて解析することが不可欠なプロセスとなっています。例えば、流体(地球マントル、気象、海流、プラズマ、血流など)の運動は、非線形偏微分方程式により数理モデルが組み立てられ、その解析には数学理論とともに、数値シミュレーションが重要な役割を果たし、大規模数値計算の高性能・高信頼化の理論的考察が必要となってまいります。このように、現代ではいろいろな科学との関連の上に、既存の数学理論を発展させるのみならず、コンピュータと深く関わる新たな数学理論の構築と展開とが強く要請されているのです。

私どもが用いたプログラム名称「機能数理学の構築と展開(Development of Dynamic Mathematics with High Functionality) 」には「数学」+「コンピュータ」によって数学それ自体も含めて、いろいろな科学技術の基盤となるような新たな理論を創り出し、21世紀における人類の未来を切り開くことに大きく貢献しようという、壮大な目標(願い)が込められています。

本学大学院数理学専攻では旧理学部数学科の時代から統計数学、計画数学、計算数学、数理解析学といった応用数学関連の講座がその設置目的に従って厳格に維持され、純粋・応用の調和を計った数学の研究教育を実践してきました。この間、「統計科学」の生みの親で、「情報科学」という言葉を最初に導入された故北川敏男名誉教授の門下をはじめとして、幾多の人材を輩出し、数理科学諸分野の発展に大きく貢献してまいりました。特に最近では、無限次元をコンピュータ上の有限操作で捉える研究、地球規模の環境数値シミュレーション、ゲノムなど生命科学と深く関わった統計数理、あるいは組み合わせ論における画期的手法の開発などにおいて、九州大学から世界に向けて発信できる卓越した研究成果をあげています。

本プログラムでは、このような本学ならではの特色ある伝統と実績を活かして「計算数理」、「統計数理」、「離散数理」という三つの研究チームを設置して諸科学との連携を深めながら実際の現象に即した問題に相互に取り組み、機能数理学の世界的研究拠点を構築することを目指しています。このような拠点が形成されることによって、21世紀の高度情報技術環境の中で、既存の数学の深化はもとより、従来にはなかった新たな数学理論が創造され、一層豊かな内容を展開でき、機能数理学は真に諸科学発展の重要な担い手となるでありましょう。さらにこれらの実績にもとづく教育成果は、大学院博士課程修了者をはじめとする若手数理技術者の社会における活躍の場を大幅に広げ、本専攻(または新たに創設を目指す機能数理学専攻)の博士課程充足率を高めるとともに、ひいては数理学発展のためのこれまでにない新たな教育基盤を構築することが期待されます。

研究プロジェクト

3つのプロジェクトを設置して研究推進に当たります

RETURN LIST